分別

先日、古くからの知人からこんなDVDが届きました。

維新派の『呼吸機械』です。関西を拠点とする維新派は、「移民」や「漂流」をキーワードにして独特のシュールな表現方法で舞台を作る劇団。この『呼吸機械』も、集団による削ぎ落とされた単語の連呼と群舞(というよりマスゲーム)、必要最小限のセリフ、シンプルでもありダイナミックでもあるセットと印象的な音楽といった道具立ての中で、寓話的な世界観を呈示しています。特に、客席から奥の琵琶湖に向かって傾斜していく水上舞台の上で、何十人もの演者が水しぶきをあげながらのたうつラストは壮絶。

ところで、なぜこのDVDが送られてきたのかと言えば、それはこのDVDに添えられていた手紙に記されている通り。

少し早めの半世紀祝いです。

今年の10月22日をもって不肖・私も満五十歳を迎えたわけですが、それにしても半世紀……重い響きだなぁ。

五十と言えば「知天命」。この言葉が己れの天命を悟るという意味ならいまださっぱりわからないし、天の定めた運命に従うしかないという諦念を示すのなら、それはそれでよし。とりあえず、これからの10年間のアクティビティについて考えてみました。

  • 登山については、フリーの難度を上げるよりは一本でも多くのクラシックルートを訪ねていきたい。思うように身体が動くのはあと何シーズンかわかりませんが。
  • 海外旅行は引き続き遺跡系が興味の中心ですが、スイスの山に再び登りに行きたい気持ちも少なからず。
  • 観劇については、これまで通り古典中心。とりわけ能へ、さらにシフトするかも。本当は自分でも謡を習ってみたいところですが、何しろ時間がありません。

……要するに、これまでの10年間とあまり変わらないということです。それにしても、せっかくの節目なので心機一転、

  1. 雅号を変えてみる(ju9cho→juqcho)
  2. サイト名とURLを変えてみる
  3. メールアドレスも変えてみる

くらいはしてみよう。リンクしていただいている方には、お手数おかけします。携帯メールの受信でドメイン制御をしている方は、「@me.com」の着信を許可して下さい。それに、一応年齢相応の分別も示せるようにならなければ。

したがって、たとえば地下鉄の中吊りポスターでこんなのを見ても、「あっ、あおいちゃんだ!」と無防備に条件反射するのは控えるようにしよう……。