多忙

忙しかった土曜日。

まずは朝から「雪豹」のインストール。メジャーアップグレードなのに、お値段はたったの3,300円。私のiMacにはVMwareのゲストとしてWindows Vistaも入れてあるのですが、こちらのWindows 7へのアップグレード価格16,590円とは比べ物にならない安さです。まったくMicrosoftときたら……。えっ、Snow Leopardでどこが改良されたのかって?そんなことはAppleに聞いて下さい。

続いて久しぶりに新高円寺のスタジオKraftで、iPhoneを友にベースの個人練習。やっぱりベースはちゃんとしたアンプにつないでナンボですね。しかし、ベースに触ること自体が数週間振りなので、音の粒は揃わないし指は回らないし、散々な状態でした。ところで、こうしてムービーに撮るというのはボルダリングジムでの練習から始めたのですが、後で見返すといろいろと欠点の発見があって、勉強になります(あまりの醜態にiMacの前でひとりで「ぎゃー」とか「ひえー」とか叫ぶことになるのですが)。

なぜわざわざ新高円寺のスタジオだったかと言えば、引き続きこちら荻窪の「B-PUMP」での練習が入っていたから。この日は長モノは封印してもっぱら一階の課題に取り組み、そこそこの成果がありました(例によってグレードは内緒)。ここにきて何となく身体が軽くなってきたように感じるのは、バナナダイエットの成果でしょうか?ということは、大好きなカステラを恵方食べしても大丈夫?

そしてこの日のメインは、ご存知DJイベント「Shining Star」。テーマは「SO」ということでしたが、そこから容易に連想されるPeter Gabrielの曲はなかったような?二の腕のタトゥーも鮮やかなMickyさんは毎度のごとくスタイリッシュな選曲ですが、やっぱり「攻殻」は忘れないんですねぇ。そのMickyさんのコーナーでなぜか音が止まってしまったときは、お客がつなぎで「So Much In Love」の合唱。また、Hatchさんの「Steppin’ Out」「Smooth Operator」といったSO攻勢には脱帽でしたが、セカンドセットはアゲでお願いしますとHatchさんに頼んだらいきなり直球でMetallicaの「So What」が飛んできたのにはブッ飛びました。そして真打ちrobin☆さんの選曲にはストレートな反応が会場からあがって、いしこさんが踊り出したのは「パープルタウン」?だったかな?じゅんこさんは椎名林檎版「木綿のハンカチーフ」の歌詞の女の子の方にムカツクという感想(生き方が消極的過ぎるということらしい)を漏らしていてなるほどなあと妙に感心、じゅんぢさんはツボの筋肉少女帯にブレーキ決壊。そして最後はもちろん、Michael Jacksonの「Beat It」に一同しんみり追悼の涙を捧げ……るわけがなく、大盛り上がりの中でじゅんぢさんの渾身のエアギターが炸裂したのでした。いつものごとく楽しめた三人の珠玉の選挙区、じゃなかった選曲。そう言えば、明日は投票日だ。

ふらふらになって帰宅して、翌日のトレラン練習のためのパッキング(←ロープはもちろん使いません。)。

そして最後に、年末の旅行の手配を依頼しているヤンゴンのツアーエージェンシーとメールのやりとり。やれやれ、さすがに疲れた(←「多忙」なのではなく、単に「遊び過ぎ」という説あり)。