屋守

職場の先輩方+αの定期飲み会を八丁堀の「朋」で。こちらのお店は北海道厚岸からの直送で1年中食べられるという牡蠣「まるえもん」が売りで、生・焼き・ガーリックバターなど各種スタイルでいただきました。

また、地酒の種類が豊富なのも大事なポイント。この日も30種類の地酒がワンポイント解説と共に紹介されていて、目移りします。できることなら上から順番に……といきたいところですが、肝臓と財政の健全性確保は自分の高齢化対策として避けて通れません。

そんなわけでここぞという1本を30種類の中からピンポイントで見つけ出さなければならなかったのですがジューシーでフレッシュな風味、甘味を感じる味わいで後口はスッキリと切れるという謳い文句が期待をそそる東京の地酒「屋守 純米 無濾過生 直汲み」が目についたので、さっそく店員さんに注文することにしました。

私「この『やもり』ください」
店「はい『おくのかみ』ですね」

……ラベルにはご覧の通りヤモリマークが印刷されているのに。

しかし味わいは価格表の惹句そのままで、まさしくフルーティーかつスッキリ。これぞドンピシャというお酒に巡り会うことができてハッピーでした。