弱起

Little Richard逝去。

Rock ‘n’ roll pioneer Little Richard, fondly known to many as the “Georgia Peach,” has died at the age of 87 in Tullahoma, Tennesse. His passing from bone cancer was confirmed by his son Danny Penniman and his lawyer Bill Sobel, reports The New York Times.

Paul McCartney が「Long Tall Sally」を歌い、Queen が「Tutti Frutti」を自身のライブでの定番にし、Led Zeppelin が「Keep a Knockin’」のイントロのアウフタクトを引用して「Rock and Roll」に仕立てた。自分はLittle Richard自身には接点がこれまでなかったのですが、この通り彼の影響を受けた世代のミュージシャンを通じてその音楽に触れてはいました。R.I.P.

Led Zeppelinの「Rock and Roll」について少し掘り下げれば、この曲は普通に聴くと頭からタクツクツタツクと四小節進んだ後にタタタと三拍入って曲につながると聞こえてしまうのですが、実際にはLittle Richardの「Keep a Knockin’」やChuck Berryの「Johnny B. Goode」のイントロのように出だしに三拍置いているわけです。そして「Rock and Roll」に限らず、Led Zeppelinにはアウフタクトから始まる曲が少なくありません。ぱっと思いつくだけでも「Black Dog」「Misty Mountain Hop」「In My Time of Dying」「Houses of the Holy」「For Your Life」など。

特に「For Your Life」は初めて聴いた高校生の頃から「なにか変だな?」と思いつつもそうした仕掛けになっていることに気付かずに幾星霜を経てきていたのですが、2007年O2アリーナにおける一夜限りのチャリティーライブで演奏されたときのJason Bonhamのカウントを聞いてやっと曲の構造を理解したといういわくがあります。

この映像を見れば4カウントの四拍目裏からベースとギターが入っているのがはっきりわかりますが、アルバム『Presense』に収録されたオリジナルにはもちろんそうしたカウントはついていないのでクッていることが認識できません。

わかった上で聴き直してみても、やはり難易度高いな……。ここでオリジナルの演奏に合わせて自分でもベースを弾いてみようかと一瞬思ったのですが、空中分解必至なのでやめておきます。