悩殺

土曜日、午後に竹橋で「ゴーギャン展」を見てから、浅草に移動してH女史&ありか先生と合流。この2人とは年に何度か3人でいろいろな国の料理を食べにいっている仲なのですが、今日はH女史が浴衣を着たいということなので、オーソドックスに和風でいくことにしました。あらかじめのメールのやりとりでは「浴衣姿で塾長を悩殺!」というのがH女史のコンセプトだったそうですが、「それって熟女の魅力ってこと?」とリプライしたら怒りを買ってしまった模様……スミマセン。ちなみに今回集まる大義名分は、私のiPhoneのお披露目。「可愛い我が子をお見せします」と連絡したら「誰との子なの?」といきなり突っ込まれました。

ともあれ、ご覧の通りの涼やかな装いのH女史と、気持ち胸元を強調して別の意味で悩殺系のありか先生と雷門前で待ち合わせて、まずは仲見世通りを浅草寺へ。途中、芋ようかんを食べたことがないというH女史のために「舟和」に寄ってお買い物(本当は私自身が芋ようかんを食べたかったということは内緒です)。浅草寺の境内で芋ようかんをおいしくいただいてからお賽銭を投げ、ついでに御神籤を引いてみたら、3人揃って「凶」。何でや!

気を取り直して浅草寺の裏手に回り、言問通りを渡ってのれんをくぐったのは浅草「一文」です。こちらは古民家風の佇まいに木札の支払いシステム、そして鯨料理とねぎま鍋がウリのお店。鯨ベーコンやら冷やしねぎま鍋やらとともに、いける口のH女史(なにせ手酌でくいくい行きますから)のペースに合わせて今日もまた冷酒をたいそうおいしくいただきました。

……これじゃバナナダイエットが奏功しないはずだよなあ……。