眩惑

渋谷のいつものパブで、Hatch、robin☆のお二人と、来月29日に開催するDJイベントのコンセプト決め。

昨年の同時期のイベントは、U.K.来日を念頭にEddie Jobsonを取り上げましたが、そのときは私だけがコンセプトに沿った形での開催でした。

今年は、イベント全体を通して一気通貫のテーマを持ちたいと思っていたのですが、ちょうど6月上旬にSteve Hackettが来日するということなので、Genesis縛りをかけることにしました。それも、3人6コマを通して、Genesisの名盤『The Lamb Lies Down on Broadway』を(全曲ではないですが)再現するという試み。ただし、その合間にかける曲はGenesisを知らないお客にも楽しんでいただけるよう、プログレ縛りをなくしてフリーに選曲することにしています。

順番は、前回同様Hatch→robin☆→私を2セットなので、Hatchさんの最初の曲は「The Lamb Lies Down on Broadway」になりますし、私の最後の曲は「It」となりますね。これは、なかなか楽しいイベントになりそうです。

ところで、この日までまったく知りませんでしたが、ウスターソースの「ウスター」というのはイギリスの地名だったんですね。ラベルの「Worcestershire」(ウスターシャー)が語源である模様。ただの雑学ですが、勉強になりました。