舞踊

連休二日目は、昼過ぎに近所のスポーツジムに行ってヨガ&ストレッチ系のプログラムをこなし、斎戒沐浴の後に渋谷駅近くのバーEdgeEndへ。ご存知DJイベント『Shining Star』に参戦するためです。

この日のテーマは「Sweet」。それに、つい数日前に急死したGary Mooreの追悼という意味も加わった選曲になったそうです。最初はMicky・Hatch・robin☆のDJ三人以外は私と先に来ていたやまげんさんしかおらず、トップバッターのMickyがかけるスタイリッシュな曲にしんみりと聞き入っていたりしたのですが、やがておなじみじゅんこさんやじゅんぢさん他の皆さんが到着するにつれてフロアでは会話に花が咲き、曲の方も徐々にヒートアップ。

そんな中にあって私にとってのツボは、Mickyさんがかけた「You’re the One That I Want」とHatchさんがかけた「Have You Never Been Mellow」の二つのOliviaソング。で、後者がかかったときに喜んでウラ声で一緒に歌っていたら、常連美女子が「私、映画の『Grease』好き〜」と話しかけてきました。美人とお話しするのはうれしいけど、いま歌ってるんだからちょっと待ってて!と言いたいところをぐっとこらえて……。で、robin☆さんの2ndセットでDream Theaterの「About To Crash」が出てきたところで再び歓喜。イントロをエアドラムで楽しんだ後にまた勝手に歌っていたら、ヴォーカリストやまげんさんが「James LaBrieって……」と話しかけてきました。やまげんさん、お願いだから歌わせて!

新しい出会いという意味では、robin☆さんがかけたPSY・S「Wondering Up and Down」やMickyさんのケミストリー「明治チェルシーの歌」(!)が純粋に美しく、またrobin☆さん選曲のCozy Powell「The Blister」が群を抜いたかっこよさ。もちろんフロア側も黙ってはおらず、Gary Mooreの曲ではエアギターが出たり、Journeyの「Who’s Crying Now」ではやまげんさんのリアルヴォーカルが聞けたりしました。しかし、この日最高のエンターテインメントとなったのは、じゅんぢさんとrobin☆さんの二人によるチークダンスでしょう。HatchさんがWhamのアダルトな「Careless Whisper」をかけた途端、robin☆さんがじゅんぢさんに声を掛けて肩を抱き合って揺れ始めたのですが、そのうち組んづほぐれつの絡み合いになった姿は、ほとんどカーマスートラの世界(?)。

……キミタチサイコダヨ。