塾長の備忘録

塾長の備忘録

私=juqchoの日常の雑感を不定期に綴る、個人的な備忘録。

商談

2012/03/24

雨の土曜日。本来は八ヶ岳へ行っているはずでしたが、お天気には勝てず山行は中止。となれば、都内でジム練習あるのみです。

その前に、渋谷マークシティ内でSakurai師とランチ。細くて軽量な60mのシングルロープが欲しいという話をおやぢれんじゃあ隊のメーリングリストに流したところ、Sakurai師から「2009年にICI石井で購入したエーデルリッド・イーグル(9.8mm×60m)があるが、すっかりボルダラー化しておりきっと使わないので、安く譲ってもよい」という返事があり、すぐに飛びついたものです。譲渡価格は○○○○○円、それにマークシティ内のお店で牡蠣フライ膳(1,050円也)をおごることで、めでたく商談が成立しました。Sakurai師、Thanks!

ランチの後、Sakurai師と別れて私はひとり「T-WALL錦糸町店」へ。パートナーとの約束の時刻まで間があったので住吉駅近くの珈琲館に入り、モンブランを攻略しつつしばしまったりしてからジムへ向かうと、開業間近の東京スカイツリーがあたりを威圧するように聳え立っている光景に出会いました。こうして見ると、はるか高みから見張られているようで、ちょっと不気味です。

ここでこうして写真を撮っていたら、後ろから近づいてきたいず姫に不意に背中をどつかれてびっくり。死ぬかと思った……というわけで、この日ロープを結び合うパートナーはいず姫だったのですが、相変わらずボルダー壁の盛況に比べリード壁は人が少なく、順番待ちに巻き込まれることもほとんどなく、好きに登ることができました。グレードはアップの5.8から上は5.10cまで。かぶった壁から左の垂壁へ抜ける5.10cはガバホールドに導かれてかなりのお買い得で、いず姫は楽々OS、私はその後に続いて最後にハマりかけながらもFL。しかし、薄かぶりの壁の5.10bはホールドの位置やら向きやらに微妙な難しさがあって、いず姫も私も2本登りましたがテンションかけまくりで上に抜けるのが精一杯でした。5.10cより難しい5.10bって、おかしいんじゃないか?

壁では島崎三歩がにかっと笑っていましたが、我々は「この性格の悪いルート設定をしたヤツの顔が見たい!」と毒づくことしきり。もっとも、自分たちの腕のなさを棚に上げてのクレームであることは、重々承知の上です。