塾長の備忘録

塾長の備忘録

私=juqchoの日常の雑感を不定期に綴る、個人的な備忘録。

留太

1999/11/12

ISDN回線は今のマンションに引っ越してすぐ(たしか1996年夏)に導入していましたが、その恩恵を必ずしも十分に活用していたわけではありませんでした。というのも、当時購入したTA(OKI PCLINK TA2A/DSU=写真の黒い匡体。ちなみに白い匡体はCD&PDドライブ)とニフティの相性の問題なのか、Mac用のFTPソフトであるFetchでファイルをニフティのサーバへputしようとするとフリーズするという現象から脱出することができず(併用していたBekkoameやIIJ4Uではそのような現象はなかったのでニフティ固有の問題と思われます)、泣く泣くモデムを使い続けてきたからで、iMacになってからは内蔵56kモデムが自分にとっての通信速度になっていました。

しかしダイヤルアップルーターが徐々に手の届く価格帯に降りてきており、そろそろISDNの高速運転に復帰しようかと考えていたところ、ちょうどニフティが会員向けに郵送してくる雑誌にダイヤルアップルーターの特集記事が掲載されていたので、カード決済がボーナス支給後となるであろうタイミングを計って購入することにしました。機種はあまり深く考えず、特集記事でメインに紹介されていたYAMAHAのNetVolante RTA 50i。

11月10日の夜11時過ぎにサーチエンジンでひっかかった「PC&AVノジマでじこん楽天市場店」で35,800円(消費税別・送料無料)で注文したところ、11日の昼には商品を発送したとのメールが届き、12日帰宅してみると早くも自宅に到着していました。宅配便の不在連絡票を見ると午前10時45分に届けられていますから、注文から配送までちょうど36時間ということになります。う〜む、速い。早速梱包を解くと、段ボールの箱から出てきたのは小さな立方体の本体とケーブル類がごそごそ、それにマニュアルとCD-ROM。

セットアップにかかる前に、まず通常のモデムで@niftyのホームページにアクセスし、ISDN用のアクセスポイントの番号を確認。調べてみると「東京H」というアクセスポイントがテレホタイムでも空いているようなのでその番号を控え、あわせてDNSサーバのアドレスもメモしておきました。

いままでのTAをはずして、ケーブル類をどんどんつなぎかえました。これまでiMacとPerformaはクロスケーブルで直結されていましたが、これをはずしてそれぞれ普通の青いケーブルでルーターにつなぎます。何をどこにつなぐかは本体裏のポートの形状を見れば一目瞭然なので、マニュアルを見るまでもなく、わずか5分くらいで作業は終了。電源を入れると「L1」と表示されたランプが点灯してISDNにつながっていることがわかりますが、念のため117番で時報を聞き、まずTA/DSUとしての機能がちゃんと働いていることを確認。なお、iMacからはFAXを使うためにEtherケーブルとモデムからのモジュラーケーブルの2本をつないでいます。

ここからがルーターとしてのセットアップですが、ちょっと取扱説明書が読みにくく苦労しました。マニュアルとしての出来が悪いわけではないのですが、WindowsとMacintoshのそれぞれを説明し、さらにMacでもコンパネがTCP/IPの場合やOpenTransport/PPPの場合、さらにFreePPPを使っている場合などいろいろなケースを解説しなければならないので必然的にごちゃごちゃしてしまっています。しばらくマニュアルを眺めたのち、これは無視することにして付属のCD-ROMをドライブに入れてみたところこれが正解で、CD-ROMの中に「かんたんパソコン設定」というソフトが入っていて、このソフトとブラウザを使って本当に簡単に設定できるようになっていたのでした。ただ、設定ソフトを立ち上げてみるとバグなのか表示が一部おかしいところがあって(下のスクリーンショットの赤丸部分など)少々とまどいました。

設定が進むとブラウザが立ち上がります。「端末型接続」を選択してプロバイダに「@nifty」を登録し、ユーザIDやパスワードとともに先に調べておいた電話番号とDNSサーバアドレス(プライマリ&セカンダリ)を入力して「登録」ボタンを押して設定は終了。

次にPerformaの設定ですが、こちらは単に「TCP/IP」コンパネを開いて接続先を「Ethernet」にし、設定方法も「DHCPサーバを参照」にするだけで終わりました。

作業は以上で終了です。開梱してからここまで正味30分でした。

iMacとPerformaをそれぞれ再起動すると、ルーター側では緑のランプが着き、それぞれ相手をちゃんと認識してくれています。@niftyへの接続も、ブラウザを起動して「お気に入り」からトップページを選ぶと聞き慣れたピーガー音もなく5秒くらいで静かにホームページが表示されるのにびっくり。これは速い!その後、リンクを辿ってみると確かに画像の表示は速くなりましたが驚くほどではありません。しかし、この立ち上がりの速さと、何よりファイル転送がスピードアップしたことに大満足でした。