塾長の備忘録

塾長の備忘録

私=juqchoの日常の雑感を不定期に綴る、個人的な備忘録。

旅憶

2009/07/04

5月のまったりDJイベントでご一緒したやまげんさんがボーカルをつとめるJourneyトリビュート・バンド「じゃにめん」のライブに参戦。場所は目黒駅から徒歩数分のTHE LIVE STATIONです。

この日のライブは「LIVE! INDEPENDENCE」(←7月4日だから?)と題して、じゃにめんを含む3バンドが演奏するもの。同じくこの日参戦したrobin☆さんやじゅんこさんと会話を交わしているうちに場内が暗くなり、18時開演のトップバッターが我らがじゃにめんです。

演奏された曲は、以下の通り。

  1. Escape
  2. Don't Stop Believin'
  3. Who's Crying Now
  4. Separate Ways (Worlds Apart)
  5. Open Arms
  6. La Raza del Sol
  7. Wheel in the Sky
  8. Any Way You Want It

大好きな「Escape」にのっけから燃え上がって、以後も大ヒット曲のオンパレードに一緒に歌いまくり。この豪華なセットリストを見ただけでも、Journeyがいかに偉大なバンドかということがよくわかります。ちょっと異色なのは機関車のようなベースリフを伴うラテンフレーバーのリズムが特徴的な「La Raza del Sol」ですが、MCで紹介があったようにJourneyのオリジナルメンバー2人がCarlos Santanaのバックバンドにいた(というところでギタリストがちらりと「Europa」を演奏)ので、これもJourneyのルーツに近い曲、ということなのかもしれません。あと、欲を言えば「Only the Young」とかも演奏してほしかったかな。←さりげなく(?)次回に向けてリクエスト。

それにしても、やまげんさんブラボー!あのSteve Perryの声域を見事に歌いきっていて、特に「Wheel in the Sky」の間奏部での殺人的なファルセットなんか鳥肌ものでした。他のメンバーの演奏も非の打ち所がなく、ドラムは本家以上にパワフルだし、ギターはあまりにもかっこよく、ベースとキーボードの女性2人はどこまでも華麗。バンドはずっと満面の笑顔で演奏していましたが、うーん、これだけ楽器を思うままに鳴らせられたら、弾くのが楽しいだろうなあ。

興奮のうちに、じゃにめんの演奏終了。続くamprogrardはアートロックを演奏するバンドという触れ込みでしたが、過去の彼らのセットリストを見るとアメリカンプログレハードをかなり取り上げているので、続いてこちらも聴くことにしました。

おー、これもなかなか。オープニングはマーチ風のイントロが印象的なStyxの「The Grand Illusion」。よっしゃー!と思ったのも束の間、そこから知らない曲が5曲……。どうやら選曲担当らしいボーカル氏がMCで「有名じゃない曲ばかりやるので恐縮なんですが」と言い訳をすると、ギターやベースが「この曲をやることになるまで聴いたことがなかった」とか「このグループの曲はこれしか知らない」などとクレームをつける始末で場内は大笑いでしたが、バンドの演奏はとてもよく、知らないなりに楽しく聴けました。中でもベース氏は、黒いFender Jazz Bassを基本ツーフィンガー、ところどころでサムピックで操り、さらにコーラスでも活躍していたのが印象的でした。そして最後はKansasの「Relentless」。この曲、好きなんですよね。メインリフは5/4拍子でありながらしっかりロックしていて、ノリのいい曲です。

amprogrardの演奏が終わったところで、翌日のランに備えて私は早めの退散。本当は、この後の雷々軒(as Thunder)が今回のメインなのですが、すみません。やまげんさんやrobin☆さん、じゅんこさんに別れを告げて、THE LIVE STATIONを後にしました。ちなみにこのTHE LIVE STATION、いい仕事していますね。大音量ながら分離のいい引き締まった音でしたし、ライティングも充実していました。

こちら(↑)は、じゃにめんの演奏終了後にやまげんさんが配っていたシール。そのときやまげんさんは、一度しか言葉を交わしたことのない私の顔を見て「塾長さん」と言ってくれましたが、こういうときは自分から「塾長です」と手を差し出すべきでした(反省)。それはさておき、じゅんこさんはシールを受け取って大喜びで自分の額に貼ろうとしていましたが、まさか……えっ、それが正しい用途なんですか?